キャッチネットワーク、ハイビジョン中継車を導入

導入した中継車は1億9,000万円。6台のハイビジョンカメラと最大8倍の望遠レンズを搭載し、すべての映像をデジタル信号処理できる。
県内15社あるケーブルテレビ局でハイビジョン中継車を導入したのは、CNCIグループのひまわりネットワーク(株)に続き2局目となる。キャッチでは毎月1度、地域イベントやお祭りなどをピックアップし、生中継を行い、CNCIグループ内で有効活用し、稼働率を高めていく予定。