第24回「CRIオンラインセミナー」開催のご案内です。

【第24回「CRIオンラインセミナー」開催概要】

・日 時:2022年5月17日(火)13:30~15:30

・受講方法:Zoom

・会 費:CRI会員3,000円 CRI非会員6,000円 (税込)

第24回「CRIオンラインセミナー」 開催案内 ※FAXでの参加申し込みはこちらから

**************************************************************************

JCOMのSTB活用「健康・生活サポート」アプリと
ケーブルラボのオールIPへの道筋!!

講 師:JCOM(株) 次世代プラットフォーム戦略部マネージャー 吉田 功一氏
講 師:(一社)日本ケーブルラボ 専務理事 宇佐見 正士氏

■J:COMのSTB活用「健康・生活サポート」アプリ
J:COMでは2019年末から「J:COM LINK」というAndroid TVをOSとする新しいSTBを展開し、リコメンド機能の強化で多チャンネル放送の視聴時間が大幅に増えるなどの実績を上げています。また、OTTの取り込みを積極的に行い、STBでNetflixやDAZN、Disney+なども視聴できるようになり、売上にも貢献しています。
このような放送・動画コンテンツの強化と並行して、STBを活用したオンライン診療の取り組みについても展開しています。まだ実験的取り組み段階であった2021年1月にCRIオンラインセミナーでも報告いただきましたが、いまでは関東の各局より順次提供エリアを拡大しています。双方向でTVを視ながらお医者様と相談しながら診療ができるシステムで、薬がもらえ、会計にも連動しています。
今回は、このようにSTBを使って映像以外のアプリが開発できないか模索するなかから生まれた「テレビいきいき脳体操」を紹介いただきます。東北大学の川島隆太教授監修・仙台放送開発によるアプリを「J:COM LINK」 STBで実行できるようにしました。テレビを視ながらゲーム感覚でリモコンを操作し、継続的に利用することでスコアが上昇し、若い世代から高齢者まで自動車運転能力が向上するそうです。どのような仕組みなのか、当該アプリの責任者である吉田功一氏にお話を伺います。

■日本ケーブルラボのオールIPに向けた取り組み
日本ケーブルラボは、4月に「IP配信システム構築ガイドライン」を発行し、2022年4月19日にその詳細についてワーキンググループに参加した委員の皆様から報告されました。同報告書は100ページにわたる技術解説書ですが、少し難解な内容もわかりやすく解説いただきました。
今回のCRIオンラインセミナーでは宇佐見専務理事を講師に迎え、オールIPへ向けた取り組みを、背景も交え分かりやすくお話しいただきます。特に経営者層、企画担当者の方には必見の内容です。
ニューノーマルによる世の中の変化や、OTTの攻勢を受けた放送環境の変化に対応した、新しい戦略を考えるための土台となる情報を提供いただきます。